特許、実用新案、商標、意匠から訴訟、調査、コンサルテーションまで

トピックス

アーカイブ | RSS |
海外特許情報 : トルコ代理人の来所
投稿者 : admin 投稿日時: 2017-03-14 20:32:47 (431 ヒット)

トルコ代理人との意見交換

去る2月22日、トルコ・DESTEK PATENT事務所のマネジングパートナーであるMr. Ersin DereligilとMr. Mahmut M. Guzelが来所されました。

DESTEK PATENT事務所はイスタンブール、アンカラ、イズミール、ブルサを含むトルコ全域の10大都市に支部を有するトルコ最大の事務所であり、日本知的財産協会の賛助会員でもあります。

トルコは地理的にはヨーロッパ大陸とアジア大陸にまたがる国土を有していますが、経済的には欧州連合(EU)への加盟申請中であるなどヨーロッパとのつながりが深くなっています。例えば、特許に関しては、トルコは欧州特許条約(EPC)の加盟国であり、欧州特許庁に対して出願手続を行うことでトルコでの特許権利化を図ることが可能です。トルコ特許庁は、PCT出願の国際調査機関として選定されることも決まっています。また、商標出願件数はヨーロッパの中ではフランスに次いで二位、意匠出願件数は一位と、知的財産活動がとても活発です。

そうした中、トルコの特許、実用新案、商標、意匠等を規定した法律の改正が行われ、新たな産業財産権法として本年1月より施行されました。概ね、より欧州の制度を意識した内容の法改正となっています。

トルコは親日国としても有名です。今回来所されたMr. Mahmut M. Guzelは日本の大学に8年間在籍されたということで日本語がとても流暢でした。弊所としてもこれからトルコの知的財産権に関する知識を深め、お客様のトルコでの権利化をお手伝いしていきたいと考えています。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

このページのトップへ