米国代理人との意見交換(10月開催)

投稿日時 2016-12-03 11:20:20 | カテゴリ: 海外特許情報

米国代理人との意見交換(Means-Plus-Functionについて)

去る10月27日、米国・Kenealy Vaidya事務所のMr. Eric D. MorehouseとMr. William G. Battista, jrが来所されました。

Mr. MorehouseとMr. Battistaには、最近の米国出願実務において話題となっているMeans-Plus-Functionクレームについてプレゼンをしていただきました。

日本出願のクレーム中に頻繁に用いられる「~手段」や「~部」をそのまま「~means」や「~unit」と翻訳して米国出願クレームを作成すると、審査段階においてMeans-Plus-Function(35U.S.C.§112(f))と判断され、対応に苦慮することがあります。今回のプレゼンでは、Means-Plus-Functionと判断された場合の対応の仕方、さらにはMeans-Plus-Functionクレームを戦略的に活用するポイントをご教授いただきました。

Means-Plus-Functionクレーム対策は一筋縄ではいかないものですが、今回のプレゼンで学んだ内容を今後の実務に反映させていきたいと思います。

米国代理人との意見交換 






永井特許事務所にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.nagai-pat.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.nagai-pat.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=32